体形を変える手術の予後

 

 タミータックをはじめ、ボディリフトや脂肪吸引後には、ガーメントと呼ばれるかなり強力な下着を二、三ヵ月にわたって着用していただくことになります。

 術後の痛みは通常あまり強くないものですが、ときに一定期間痛みが残ることもあります。ただし、脂肪吸引の術後の痛みは個人差が大きいため、その程度を術前に予測することはできません。標準的な脂肪吸引を行った際は、二週間ほど仕事を休むとよいでしょう。

脂肪吸引後に気をつけること

 少量の脂肪吸引を上手に行った場合、その手術的侵襲は小さくてすみますが、ある程度以上の脂肪吸引を行った場合、その手術的侵襲は予想以上に大きくなる可能性があります。こうしたことを考えると、脂肪吸引は入院設備のある医療施設で受けるほうがよいといえます。

 また、この手術において、静脈血栓や肺塞栓、脂肪塞栓症候群といった重大な合併症の報告がないわけではありません。術後、発熱やがまんできないほどの痛み、意識の混濁などが  あれば早急な対応が必要です。

術後の体形を保つリハビリ方法

 脂肪吸引後に一定期間ごと、体外照射型の超音波もしくはLPG社のエンデルモロジカル療法のような理学的療法を受けることは、よりよい手術結果を保つうえで効果的だとされています。脂肪吸引をしたら終わりとするのではなく、そのあとのケアも大切なのです。

 このように考えてみると、理学的な処置でセルライトの治療を行い、ダイエットも心がけ、それでも残る脂肪層に対しては脂肪吸引を行い、さらに一定期間脂肪層の理学的ケアをしていく、という一連の治療過程が求められているのです。