脂肪吸引法の現状

 

 脂肪吸引法はアメリカで最も流行している美容外科手術の一つで、その研究も盛んに行われています。日本でも、脂肪吸引法が施行されるようになって、約二〇年が過ぎます。

 一方、この手術が原因とも考えられる死亡例をどこかで聞き、不安を感じている人がいるかもしれませんが、最近の研究では一度に大量の脂肪を吸引することさえしなければ、安全度の高い手術であることがわかってきています。

脂肪は身体の大切な一部

 自分の脂肪層から豚の脂身を想像し、これをなくしたいと思っている人が多いことは容易に想像できます。

 この脂肪層細胞の数や配置はあらかじめ定められており、一つ一つの脂肪細胞が大きくなることで脂肪層の厚みも増していくと考えられています。そのため、脂肪吸引法である程度の脂肪を除去すれば、かなり永続的な痩身効果を得ることができるはずです。

 しかし、脂肪層は血が通いリンパ液も流れる立派な生きた組織ですし、人間が生きていくために必要な組織の一つですから、やたらに脂肪吸引してもよいことにはなりません。

 また、特異な場所に生じる脂肪の異常な沈着は年齢や遺伝的な要素と関係し、体形を崩すもとになるとも知られています。このような脂肪層は、ダイエットでの減量が難しいことも多く、脂肪吸引法のよい対象となります。

脂肪吸引法と皮膚の緊張

 太ももの内側のように比較的皮膚の柔らかい部位や、張りを失ったお尻や太もも、あるいは皮膚線状と呼ばれるストレッチマークがある部位などに極端な脂肪吸引を行うと、術後、デコボコが残りやすいことが知られています。

 したがって、皮膚の緊張が弱まっている人は脂肪吸引に対し、過度の期待をもっべきではありません。場合によっては、ダミータックやボディリフトが必要になるはずです。

 これに対して若年者のように張りのあるお尻や太ももの外側などは、ふっう皮膚の緊張が保たれており、脂肪吸引によってよい結果を残す可能性が高いといえます。

 いずれにしても皮膚の表面がスムーズになる結果を得るためには、一定以上の皮膚の緊張が必要です。

 

広告を非表示にする