骨髄移植の値段

 

 骨髄移植を行うのにはどれだけの費用がかかるのであろうか。

 実はこの問題は、そう簡単に金額を提示できるものではない。基本的に骨髄移植は、健康保険の適用を受ける医療行為であるが、保険制度で決められている保険点数(金額)が実状に即していないからである。また、移植を受ける患者の病状によって、使用する薬剤の量も種類もまちまちであり、個人差も大きいからである。それでも、大ざっぱな言い方をすれば、トータルでおよそ1000万円から二〇〇〇万円、ということができると思う。

 この全額を患者が支払う必要はない。健康保険が効くからである。健康保険の種類により患者の自己負担率はいろいろであるが、患者が病院の窓口に支払うのは、総額でおよそ一五〇万円から数百万円ということになるが、この金額を月ごとに精算して支払っていくことになる。いちばん高額になる移植を行った月で、数十万円を用意しておかなければならないだろう。

 たいへんな負担と思われるかも知れないが、心配することはない。高額医療費補助という制度が健康保険にはある。これも保険の種類によるが、一ヶ月に五万数千円以上かかった医療費は保険が負担してくれるから、高額医療費補助の申請をすると、五万数千円以上支払ったお金は、申請から二ヶ月ほどすると還ってくるのである。つまり病院に払うお金は、一月に五万数千円ですむというわけである。また、病院に一時立て替えて支払うお金が用意できなければ、事前に高額医療費の申請をして借金をすることもできる。日本の福祉制度もなかなかのものである。

広告を非表示にする