養老保険と変額保険(有期型)

 

 養老保険は、保険期間と保険金額が同一の定期保険(死亡保険)と生存保険を組み合わせたもので、保険期間が一定で、満期のときも死亡のときも同額の保険金を受け取れる保険です。養老保険には、「定期保険特約付き養老保険」「一時払い養老保険」などがあります。

養老保険に定期保険特約を付加したもので、死亡したときは満期保険金の5倍、10倍といった死亡保険金を受け取れます。

 一時払い養老保険は、貯蓄商品としての性格が強く、ここ数年は予定利率の引き下げにより養老保険の貯蓄性は低下しており取り扱いを中止している保険会社もありましたが、最近は販売に力を入れ始めています。

 契約者が受取人である場合、一時払いおよびそれに準する払い方の養老保険で5年満期の養老保険、または5年超満期の養老保険において5年以内に解約した場合には20%の源泉徴収課税がなされます。

変額保険(有期型)とは

 変額保険(有期型)は、満期までの死亡・高度障害保証があり、満期に生存していれば満期保険金を受け取れます。変額保険(有期型)も養老保険の一種です。

 死亡・高度障害保険金額は特別勘定の資産運用実績に基づいて金額が毎月増減しますが、契約当初に定めた保険金額(基本保険金額)は保証されます。

 ただし、満期保険金額は保険期間満了時における特別勘定の資産運用実績に基づいて計算される積立金額であるから、運用実績しだいでは基本保険金額を下回ることもあり得ます。