医療英語の翻訳会社BEST3

医学論文・治験文書・症例報告書・医療機器マニュアルなどの英語翻訳サービス

貯蓄と保険の違い

 

 預貯金は徐々に備えが増大するものですが、保険は保険期間内に事故が発生したときにはいつでも一定の保険金が支払われることが特徴です。

 生命保険の保険料は、「予定死亡率」「予定利率」「予定事業費率」の3つの予定率に基づいて計算されています。

                     保険会社は、過去の統計を基に性別、年齢別死亡者数・生存者数を予測し、将来の保険金などの支払いに充当するための必要額を算定します。この計算に用いる死亡率を「予定死亡率」といいます。

 保険会社は資産運用による一定の運用収益を見込み、その分を保険料から割り引きます。この割引率を「予定利率」といいます。

 保険会社は事業運営に必要な経費をあらかじめ見込み保険料の中に組み込んでいます。この割合を「予定事業費率」といいます。

生命保険の基本型 

 複雑にみえる生命保険も、どのような場合(事故)に対し「保険金」が支払われるかにより、「死亡保険」「生存保険」「生死混合保険」の3つの基本型に分類できます。

 死亡保険は、被保険者が保険期間中に死亡または高度障害になった場合に限って保険金が支払われます。

 生存保険は、契約してから保険期間が満了するまで被保険者が生存しているときに限って保険金が支払われます。

 生死混合保険は、死亡保険と生存保険を組み合わせた保険で、被保険者が保険期間の途中で死亡または高度障害になったときや、保険期間満了まで生存したときに保険金が支払われます。3つの基本型の具体的な保険商品は以下のようになります。死亡保険に分類される保険商品は、定期保険、終身保険があります。生存保険に分類される保険商品には、年金、貯蓄保険があります。生死混合保険に分類される保険商品には、養老保険があります。

広告を非表示にする