医療英語の翻訳会社BEST3

医学論文・治験文書・症例報告書・医療機器マニュアルなどの英語翻訳サービス

入院時生活療養費とは

 

入院時生活療養費は、平成18年10月から始まった制度です。70歳以上で療養病床に長期間入院している被保険者に対して、入院中の光熱水費を負担してもらうというものです。介護保険施設の入所者が居住費を支払っていることから、それと整合を図る意味で導入されたものですが、1日当たり320円、1か月では約1万円の負担増になりました。また、平成20年4月からは入院時生活療養費の対象年齢が65歳まで引き下げられることが決まっています。

入院時生活療養費の支給要件と支給額は?

 特定長期入院被保険者が、療養の給付を担当する病院または診療所のうち自己の選定するものから療養の給付とあわせて受けた生活療養に要した費用について、入院眄生活療養費が支給されます。

 入院時生活療養費の額は、次のようになっています。

入院時生活療養費=厚生労働大臣が定める生活療養の費用*(食費・居住費)


 そのほか、厚生労働大臣は、入院時生活療養費の額に関する基準を定めようとするときは、中央社会保険医療協議会に諮問しなければなりません。

厚生労働大臣が定める生活療養の費用 生活療養につき生活療養に要する平均的な費用の額を勘案して厚生労働大臣が定める基準により算定した費用の額(その額が現に当該生活療養に要した費用の額を超えるときは、当該現に生活療養に要した費用の額)

*生活療養標準負担額平均的な家計における食費および光熱水費の状況ならびに病院および診療所における生活療養に要する費用について介護保険法に規定する食費の基準費用額および居住費の基準費用額に相当する費用の額を勘案して厚生労働大臣が定める額

                     厚生労働大臣は、生活療養標準負担額を定めた後に勘案またはしん酌すべき事項にかかわる事情が著しく変動したときは、速やかにその額を改定しなければならないこととされています。