医療英語の翻訳会社BEST3

医学論文・治験文書・症例報告書・医療機器マニュアルなどの英語翻訳サービス

適用事業所とは

 

    健康保険では、事業所を単位に適用されます。健康保険の適用を受ける事業所を「適用事業所」といいます。適用事業所には、健康保険法によって加入が義務づけられている強制適用事業所と、任意で加入する任意適用事業所の2種類があります。

 「強制適用事業所」は、一定の事業事業所であって、常時5人以上の従業員を使用する事業です。国、地方公共団体または法人の事業所であって、常時従業員を使用するものは、業種にかかわらず強制適用事業所となります。

※非適用業種=①農林畜水産業などの第1次産業、②旅館、飲食店、料理店、接客業、娯楽業、理容・美容業などのサービス業、③会計士事務所・社会保険労務士事務所などの法務業、④宗教業

 2つ以上の適用事業所の事業主が同一である場合には、当該事業主は、厚生労働大臣の承認を受けて、当該2つ以上の事業所を1つの適用事業所とすることができます。この承認があったときは、当該2つ以上の適用事業所は、適用事業所でなくなったものとみなされます。

任意適用事業所とは

 強制適用事業以外の事業所で働く人は、基本的に、個人で国民健康保険に加入することになります。しかし、健康保険の給付が国民健康保険より手厚いものになっていることから、健康保険に加入したいという希望も出てきます。このような場合には、事業所単位で任意加入をする道があります。これを「任意適用事業所」といいます。要件を満たして任意加入をすると、健康保険の加入に反対の人も含め、基本的に全員が健康保険の被保険者となります。

 適用事業所以外の事業所の事業主は、厚生労働大臣の認可を受けて、当該事業所を健康保険の適用事業所とすることができます。

 また、任意適用事業所の事業主は、厚生労働大臣の認可を受けて、当該事業所を適用事業所でなくすることもできます。

 強制適用事業所が強制適用の要件に該当しなくなったときは、その事業所について、任意適用事業所の認可があったものとみなされます。

広告を非表示にする