医療英語の翻訳会社BEST3

医学論文・治験文書・症例報告書・医療機器マニュアルなどの英語翻訳サービス

生き残るために製薬メーカーは何をするべきか

 

 

 業界再編ということは、生き残る企業と淘汰される企業が出てくることを意味している。

 

 淘汰されないためには、国際的に通用する新薬を開発すること、企業体質・収益性を強化することはもちろん、既存薬の価格維持の徹底、合理化・コスト削減なども重要な経営課題になるだろう。

 

 わが国の製薬メーカーは、まだ本格的な合理化やリストラに取り組んだことはないが、不採算部門を切り捨てる勇気も必要だろう。

 

 効率化という点では、特定分野の重点開発、共同開発などに積極的に取り組まなければならない。

 

 他方、事業の多角化も検討課題の一つといえるだろう。日本の製薬メーカーは、医薬品事業のところが多く、現状では最も多角化の進んでいない業種だ。

 

 医薬品事業は「一発当てれば」と夢のある事業なので、わざわざ新規事業にチャレンジすることもなかったのだろう。医薬品事業に集中したほうが、少なくとも成長性は高かったと思われる。

 

 日本の製薬メーカーで多角化に歩み始めたのは、日米のシャクリー社を買収して健康 S食品に進出した山之内製薬が目立つ程度。

 

 大手では武田薬品工業が唯一、非医薬品事業の売り上げが全売り上げの三〇%を超えているが、総じて収益性は低く、収益改善の余地は大きい。

 

 多角化の有望分野としては、健康食品、検査・診断薬、医療情報サービス、化粧品、そして大衆薬などがあげられる。もちろん、本業あっての多角化であることはいうまでもない。